Topic: Apple activity りんごをトピックにサークルタイム

Standard

IMG_3166.JPG

私は本当きまぐれな性格なもので、約8ヶ月ぶりにブログ更新(笑)
このサークルタイムも7月に行ったものです。。。。

「リンゴ」というspecific なトピックで2週間サークルタイムを展開しました。
子供達は週に1回ペースでレッスンに来るので計2回ですね。このりんごトピックに触れるのは。

サークルタイムではりんごのフエルトストーリーを行いました。 フエルトにはあらかじめ、種に見立てた数が書かれており、子供達にリンゴの種に見立てたひまわりの種ですが、書かれた数分種を置いていくという算数も入ったアクティビティ。

IMG_3170.JPG

IMG_3173.JPG

IMG_3169.JPG
1週目のアートでは、小麦粉粘土をみんなで作り、フードカラーを混ぜてリンゴカラーにします。
そのあとは好きなクラフト教材を使い、顔を作るお友達や、様々でした^ ^

IMG_3181.JPG

IMG_3184.JPG

2週目はクッキング。
シリアル、ヨーグルト、リンゴ、ハチミツとレイヤーにしていくというとてもシンプルなクッキング。小さなお子様でも全部自分で出来ちゃいます。
リンゴはIKEAのプラスチックナイフで安全に子供達だけでも切れちゃいます^ ^

IMG_3379.PNG

ちなみにサークルタイムの絵本の時間に読んだのが ドクタースースの Ten apples on topです。
シンプルなストーリーで英語で読んでも子供達結構見入ってました^ ^

Advertisements

Light table activity ライトテーブルアクティビティ テントの中でお絵かき

Standard

IMG_2967.JPG

IMG_2964.JPG

グリーンヒルのプリスクールで行ったアートのアクティビティ。ただただお絵かきするシンプルなアクティビティですが、ライトテーブルの上で、テントの中で描く不思議な空間で子供達は、なぜか楽しそう^ ^
色々な色のマーカーを使い、ライトを通して違う色に見えたり、それぞれの絵の中にあるお話を楽しく話し合っていました。

IMG_2972.JPG

英語での読み書きを自分で考え、想像し物語を作るアクティビティ

Standard

英語での読み書きクラスというのもがグリーンヒルにあります。

私のやり方は、いかにワークブックを使わず、子どもたちに楽しく、クリエイティブに英語での読み書きを教えるかというものです。

なので、他のクラスは結構、アート活動やHands onスタイルでやるものが多いのですが、この読み書き、どうやって「書く」ということと「読む」ということをいかに楽しく、勉強感覚で教えないというものがいつも私の挑戦です。

前のブログでも紹介しましたが、アルファベットを教えるときに、石を使ってアルファベットのレターの形を作るというこから始めていると紹介しました。これは今ではクラスの中で定番になってきました。幼稚園児から小学生高学年も楽しめるアクティビティです。また、石で形を作っている間に、レターの形や容姿を確認しながら覚えているということも、発見しました。 他にボタンやクリアな宝石みたいな石(ダイソーにうっています)も代行して使うときもあります。

ダウンロード

今回はこの読み書きクラスで、Keywordsを使って文を書き、物語を作るということをやりました。

このアクティビティは小学生2~5年生対象に行いました。基本、アルファベットは書ける子たちです(小文字大文字ごっちゃになることもありますが)。

3つのキーワード なんでもよく、GoとかAppleとかCuteなど、動詞、形容詞、名詞が1つのグループになるようにしました。

まず、語彙が全部理解できるよう、「What does it mean?」と質問しながら、分からないものがないように話し合いました。

それで、それぞれ、その語彙を使って文章を考えていきます。このクラスでは「How do you say ~?」と日本語で英文にしたいときに先生に聞くようにしています。それを私が翻訳して、子どもたちは文を書いていきます。自分で考えた文は、第3者より与えられた文よりも、興味や意識もあるので、読めたり、書けるのが早くなったような印象を受けました。 また、人それぞれ、口癖やよく使う語彙というものがあります。それをよく英語で知る事で、その語彙や言い回しを、ランダムに教えるより確実に理解する印象も受けました。

ダウンロード (8)

勿論、絵も必ず書きますし、文字からシチュエーションを想像し、それを絵で表すことでよりよく自分の書いた英文とのコネクションを見出すということも分かりました。 このやり方、なかなか慣れていない子どもたちには慣れるまで時間がかかるアクティビティでした。 まず慣れてないという意味は想像性の豊かさが大分キーポイントになるなぁと感じていました。 元々、絵が好きな子でお話をよく作っている子は慣れてなくても、どんなことをやるのかということさえ見えれば、さーっと描いていきますし、お話やアイデアもポンポン出てきます。 私もそうだったのですが、比較的先生に言われたことや、黒板の書かれたことをただ写していた私が育った教育環境だと、自分からものごとを考えて意見をバシバシ言うということに慣れてないというのが現状で、こーいったアクティビティを行ったとき、「え!何書いていいか分からない!!!」ということになる子も見かけます。これが悪いというわけではなく、ただただ、こういったアクティビティに慣れていないだけであり、決して想像性が欠けるというわけではないと私は思います。

うゎ~久々に書いたので長くなった!!><

前にも書いたかもしれませんが、以前、こういったアクティビティに苦戦していた生徒が今では、私のよいしょよいしょのサポートなしで、文も絵もすらすら書いてます。この生徒さんも想像していく、お話を作る、英語で文を書くという事に慣れたのでしょう^^ その成長を見られるのが一番の嬉しさですね^^

Earth Day アイデア

Standard

昨日あげたブログがなぜか写真だけで、文章が反映されなかったぁ(・・;) ショック! イマジネイティブエデゥケーションについてめっちゃ語ったのにぃ!
旦那様に、だからワードとかで下書きしとけっていつも言ってるだろーってf^_^;
私って、そーいう人なんです笑 学ばない笑
昨日は4/22でearth day(地球の日)だったので今週のアフタークラスはearth day週。
ショートプログラムではサイエンス実験をサークルタイムの時に行いました。
今日は、写真は最後に追加します笑
この実験面白いので是非みなさんも試してみてください!
テーマは地球を大切にしてねということ。 丸いお皿を地球に見たて、ミルクを入れます。真っさらな地球みたいな感じ(私がみたYouTubeサイトではクリスチャンの学校みたいでしたので神様が真っさらな地球をお作りになったみたいに話していました)、そのあとに、フードカラーを入れてきます。海がブルーで、グリーンが緑、赤や黄色は花とか。。。それで、洗剤を入れるとどうなるかっていう話しです。 いっきに色が混ざり色が動き出します。とっても綺麗です。ですが、後になると、色が段々暗くなり、なんかダークな世界になります笑
ちゃんとtake careしないと、汚染されてこうなってしまうよという問いかけでもあるこの実験。 子供たちは色がなんで混ざるとかなんでダークになるとか色々興味津々でした^o^
Art/scienceの時間は、小麦粉で粘土を作り、グリーンとブルーのフードカラーでそれぞれ作り、地球を作りました^o^

20140423-085645.jpg

20140423-085658.jpg

7月にバンクーバーで開催される国際イマジネイティブ教育学会で、プレゼンターとして参加します!

Standard

7月2-4日にカナダ・バンクーバーで「Imaginative Education Reseach Gropu」が開催する国際学会でグリーンヒルで行っているImaginative Education(想像教育)を発表することになりました~!!!!!!

旦那さん(現在カナダにあるSFU大学博士課程に在学中)と一緒にプレゼンターとして参加します。

人生初の大舞台です!!!! 世界中からこの学会のために教育者達が集まります。 英語でスピーチします。 なんという緊張感。。。。。><

私たちグリーンヒルで行っている内容が認められ、世界の人々に伝えられる、れはそれはとっても嬉しいです。きっと旦那さんがフォローしてくれるに違いない。私はそう信じております(笑)

Imaginative Educationはとても一言で言い表せるものではありません。きっとおそらく、先生一人一人の「想像教育」は違うバリューであるし、見方も違うと思うのです。このブログを読んで下さった方には是非Green Hill International SchoolのFaceBookにも訪れてほしいなぁと思います。このブログでも授業トピックを紹介していますが、Facebookには動画などリアルタイムで授業内容をUpしています。 少しでもグリーンヒルで行われている教育内容をシェアできたらなと思っています。

http://ierg.net/conferences/2014     ← IERGのWebです。

 

今年はグリーンヒルカナダ引率も5年目を迎えますし、今年は6人引率! 忙しい1年になりそうですね~^^

 

 

“Line” プロジェクトその3

Standard

ちょっと間が空きましたが、1月にブリッジクラス、ESPクラスで行ったプロジェクト”LINE”
3週目にも入ると、私が「what have you been learning about ?」と尋ねると、「Line!」とすらっと答えますね笑

20140304-104740.jpg
今回はESP土曜日クラスで行った大掛かりな作品。
クラスメート達で1つの大きな紙に、ラインをコラボレートするという。。
それぞれラインについて散々考えて来たので、子ども達も黙々とラインを描いていきます。子どもたち同士でラインが重なり合うと新たなラインが出来上がっていきます。 自分の直感でラインを描くこや、ストーリーを描く子ども、ラインの中に秘密のコードを描くこやそれぞれでした。

20140304-105223.jpg

20140304-105243.jpg

最後は勿論、プレゼンテーション。
子ども達も、クラスメートのアートに沢山質問していきます。
色々聞いてみると、細かなラインの意味などそれぞれ子どもの中でストーリーがあり、聞いてると本当に興味深いです。
1人1人、同じテーマでもそれぞれ違うアイデアや個性があり、人間って面白いと思いますよね笑 ←いつもそこに行き着いてしまうのですが^ ^:

20140304-105734.jpg

20140304-105757.jpg

“Line” プロジェクトその2

Standard

20140202-122116.jpg
ブリッジクラスで行った、「ライン」プロジェクトの2週目に行ったアクティビティをご紹介します。

1週目は毛糸を使ってラインを学びました。 今週はワイヤーを使ってラインを学びました。
子ども達は、ワイヤーを使いexploreしながらラインを作り上げていきました。

20140202-122413.jpg
クレイ(紙粘土)にワイヤーをさしてアートを描きました。

20140202-122516.jpg

20140202-122528.jpg
もちろん、作り上げた後は自分の作品のプレゼンテーション。
最近では、子ども達も発表することに慣れてきて英語でのスピーチ、堂々とするようになってきました。

“Line” 線って何? creative and imaginative activity その1

Standard

今月はグリーンヒルのブリッジクラス、ESPクラスでは「line」をテーマに授業を展開しております。

20140123-211122.jpg

そのなの通り、線というトピック笑
LINEってなに?というところからスタートし、ラインってどこに見える?と子供達にラインを探させます。
机や窓や、ものにはラインがあるということを発見しました。
それってどんなライン?
まっすぐだったりジグザグだったりカーブだったり、そんな英単語を学びながら、自分のラインを表現。

20140123-211407.jpg

最初は子供達にグルーでつける前にexploreさせます。
いきなり物を作らず、exploreして好きなラインがあるかもしれない、新しいラインが出てくるかもしれないという事が重要です。実際、最初はこれって決めてた子も色々試すうちに新しいアイデアが浮かんだようです。

20140123-211640.jpg

終わりには自分が作ったラインのプレゼン。 なんでこのラインを作ったのかと説明しました。
2週目はブリッジクラスはワイヤーでラインを表現!おたのしみに!

20140123-211859.jpg

フエルトボードストーリー 「スノーマン」/Feltboard story snowman

Standard

20140108-231844.jpg

Snowman Feltboard storyのご紹介。
5分で作ったんですが笑
今週のサークルタイムで使っています。
子供たちと一緒にスノーマンを作っていきます。

20140108-232038.jpg

形も色々作ってみたのでシェイプの英単語を学ぶのにも使えますね^ ^