Category Archives: Daycare in Canada

カナダのデイケアやプリスクールで起こったこと、体験したことなど。

Sensory bottle サイエンスアクティビティ

Standard





名前の通りセンソリー(五感)を養うアクティビティです。

100円ショップなどで売っている、プラスチックの容器、塩コショウ入れなどでできちゃう安くて簡単なアクティビティです。

容器には色々な物を入れて、子供達が観察し、匂いなどもかげて容器の蓋が閉まってるので、小さな子も中身を出すことなく安全に遊べます⭐️

私はいちごやバナナの皮、オレンジの皮も入れて見ました。 容器の中が見えないと、物当てクイズもできるのでいいかもしれません^ – ^



葉っぱが水にプカプカ浮かんで色々な角度で観察できます。

葉っぱの種類も色々入れて違いを観察したり。水の中だと不思議な感覚!



1歳児も興味津々!



子ども達も甘い匂いがする!と鼻を上下にすんごく動かしてました笑

Advertisements

Movement activity/ Dance activity with handmade toy 簡単手作りダンスアクティビティ

Standard



お久しぶりです!しばらくまた更新してなかった。。。というのも3月にわたし自身出産をしまして、育児に奮闘中でした。今も大変ですが、息子がバウンサーでスヤスヤ中にチャンスと思い書いてます!

今日はカナダのデイケアとグリーンヒルの英語クラスで実際に私が行ったアクティビティをご紹介。手作りのおもちゃでより一層楽しいクラスにしましょう!

輪っかは黒っぽいプラスティックのものはダイソーで手作りのバック用に売っている(持ち手の部分)ものを購入。木の輪っかはカナダの雑貨屋で購入。同時にリボンもそこで購入しましたが、リボンはバンダナやハンカチでもスカーフでも布の切れ端でも代用できますね。

木の輪っかはずっと使ってると、輪っかの部分割れる事があったので、個人的にはプラスティックの方がお勧めです。



カナダのデイケアではtoddlerクラスで子供たちに外で自由に遊ばせました。



風にリボンをなびかせたり、グルグル回して遊んだり色々。。



グリーンヒルではダンスタイムに英語の音楽に合わせて、使いました。

なんか物を使う持つという行為が子供たちにとってはいつもと違ってスペシャル感があって好きみたいです^ – ^

簡単に作れて、いつもと違うダンスやアクセントになります。是非お試しください!

kカナダの保育園 SFU チャイルドケアセンターの見学

Standard

k去年の2月になりますが、SFUチャイルドソサイティが主催した、ワークショップに参加しにカナダバンクーバーへ行きました。旦那さんと一緒に参加したのすが、ecologicalや自然との関わりがいかに子供達の教育に影響を与えるかなどのお話しを沢山聞きました。

ワークショップの後は実際のSFU大学校内にある保育園を見学できました。

雪がすごかったこの日。大学もバーナビーマウンテンのてっぺんにあるので、雪凄かったです。



最初は、当時できたばかりの新しい保育園 ユニバーシティという名前の保育園。 レッジョエミリアアプローチを取り入れたスタイルの保育園。私も実際レッジョエミリア市にある保育園を視察したことがあるので、 雰囲気や、置物など類似しているなぁと思いました。





自然の素材を活かしたもので子供のアートなどを飾る。インテリアですよね。ここまできたら笑 施設にはすごいこだわりをもってます雰囲気ありました。実際、ファシリティは完璧なくらい素敵な場所。この日は、更にお客さんが集まってたのでとても整ってました笑 きっと子供が実際いたらもっと生活感出るだろうと思いました。





お次は、トドラー2歳児クラス。あ、上記の写真の保育園は3ー5歳クラスです。BC州では、全てではないと思いますがほとんどの保育園は3ー5歳は一緒のクラスで生活します。



部屋の中に砂がある。messy精神で遊べ感凄く好きです笑

ヘアカールも。子供はリアルなもの大好きですから。それが彼らにとってのおもちゃ。





アートアイデア~natural materials with cork board/コルクボードに葉っぱや枝をコラージュしよう〜

Standard

カナダのデイケアで行なったアートコラージュアクティビティ。
年齢は10ヶ月から3歳半の子ども達。

20140107-101504.jpg
本当は子ども達と外へ行って、葉っぱや枝をピックアップしたかったのですが、外遊びが備え付けの屋上だったこと、プラクティカム中でスケジュールがデイケア側と合わなかったことがあり、自分でとってきてこのアクティビティを行いました。 私のプラクティカム中のテーマがナチュラルマテリアルとライトだったので、このアクティビティを始める前から、素材の話などサークルタイムでしていました。
コルクボードに両面テープをはってまだ乳幼児でグルーが使い慣れていない子供たちでも簡単に貼り付けられるようにしました。

20140107-102037.jpg

マテリアルの素材、葉っぱによって感触が違うこと、枝ってどんな感触?「rough?(ザラザラ)」「bumpy ?(デコボコ)」などとdialogue (言葉)をかわしながら、子供たちと考えていきました。

20140107-102622.jpg

20140107-102653.jpg

20140107-102711.jpg

Felting! アートアイデア デイケア カナダ ウェットフェルティング

Standard

カナダのデイケアで行ったフェルティングアートのご紹介。
もともと、ウェットフェルティングでオモチャを作っていたので、↓

20140106-223758.jpg

20140106-223826.jpg

20140106-223845.jpg
子供たちといつかやってみたいと思っていました。
以前ご紹介したグリーンヒルでブリッジクラスの子供たちとクリスマスツリーをフェルティングしましたが、ここで紹介するアクティビティは順番がゴッチャになりますが、1番最初に行なったフェルティングです。
実はこのアクティビティ、乳幼児クラスのことどうやって行うか迷いました。通常ジップロックの中で一人づつフェルティングを行うのよ~とアートの先生に教えてもらったことがあるんですが、乳幼児はきっと飽きちゃうのが早いかもと懸念しました。
そこで考えついたのが、
みんなでやる。
バブルラップ(プチプチ)の使用
でした。
まず、 みんなでウールについて話し合い、触らして、臭いをかいでみたりとさせました。「where does this wool come from?」とか聞いて見たり。「dog」「Cat」「Sheep」とかの回答。ちなみにこの回答した子供たち2歳半から3歳くらいです。
その後、バブルラップのうえに並べる。

20140106-225218.jpg
そのあと、カラーのウールを紹介。なんでシープは白なのにカラーがついてるの?って聞いたら、一人の子が、「sheep got a paint on it!」って。実はこのアクティビティの前に、羊がペイントをかぶって色がついてしまう絵本を読みました。多分そこからリンクしたんでしょうねぇー^_^すごい^o^

20140106-230443.jpg
その後ソープと水をかけてバブルラップを上からかぶせて、ふみふみ

20140106-230628.jpg
フェルトは摩擦でくっつくのでちょうどプチプチを裸足で踏むことが楽しい&フェルトにも効果的で一石二鳥でした^_^
出来上がったのをデイケアに置いてきてしまい写真も取り忘れていて、おみせできなくて残念ですが、フェルトもくっついてるところやそうでないとこもあり自然な出来上がりでした。

ハンドメイドおもちゃ センソリーブランケット

Standard

カナダのプラクティカム最中に作ったホームメイドのおもちゃ。これはまじ大変だった。。。(*_*)

IKEAで購入した白のブランケットに黒の色で統一した小物をブランケットに縫い付けたもので、名付けて「センソリーブランケット(sensory blanket)」。
Black and whiteのカラーをテーマにおき、フェルティングしたもの、ジッパーがついている上げ下げできるものを縫い付け、ビーズや鈴を入れた布を縫い付けなどとくる日も来る日も縫い付けていました笑

20140104-135317.jpg

20140104-135359.jpg
結構大きいんです↑

20140104-135511.jpg
ジッパーの中にさらに鏡(マイラーというプラスチックの安全なもの)
ボールなども入れました。ポケット感覚な感じです。

20140104-135701.jpg
生地にもこだわりお店結構まわりました。 フエルトでエッグをつくり穴をあけたもののスカーフ(シルク)を入れ、とにかくセンソリー(感触、感覚)に徹底しました。 乳幼児の時期はこのセンソリーを通じて学ぶことが多く、この時期に使うおもちゃはトライアンドエラーが沢山できるおもちゃが良いとのこと。

実際カナダのデイケアの子供達に遊んでもらいました。

20140104-140027.jpg
ジッパーを上げ下げ繰り返す様子。

20140104-140115.jpg
ひっぱってみたりー、横に動かしてみたりー^_^

20140104-140200.jpg
何人もの子供達が遊べるよう、沢山小物を取り付けました。

アートアイデア 〜puff painting〜ホームメイドペイント non-toxic handmade painting

Standard

カナダのデイケアで0~2才クラスで行ったアートアイデアのご紹介。

20140104-124014.jpg
「puff painting」といって、小さい子が口に入れても安全な手作りノントキシックペイントです。
材料は
小麦粉


食紅(フードカラーリング)
コップ一杯、小麦粉入れたら、大体全てコップ一杯入れる比率は一緒です。でも水はちょっとづず入れるのがオススメ。
フードカラーリングだけは少量で。

乾くと、塩が浮き出てキラキラするので私は塩を多めに入れます。
感触も少しドロッっとするので、手でペインティングするのも楽しいでしょう。
私は、この時は、手が汚れるのが嫌な子用に、フォームシートやパイプクリーナー(日本ではモールと呼ぶそうです)で作ったブラシも用意しました。

クリアなテーブルクロスかシャワーカーテンをテーブルにひきそこでこども達とペインティングをしました。本当は外のガラスドアでやったら透けててとっても良かったのですが、デイケア側がNGでした(*_*)

20140104-124947.jpg
それでも子供達は楽しく手を使って、感触や色をexploreしていました。

8ヶ月の子は時折、ペイントを口に入れて、しょっぱい顔をしていました笑

20140104-125156.jpg

ブラシを使ってた子もいましたが、結局最後は手でグルグルとペイントをかき回していました。

20140104-125313.jpg

材料費もそんなにかからず、手軽に簡単に出来るので、オススメです。
あ!ペイントがない!なんかいつもと違ったペイントを使いたい、乳幼児でも安心して使えるnon-toxic paintを使いたいなど色々な用途にも対応できるペイント、ホームメイドペイントは個人的にすごく好きでよく活用するので、また次回、レシピを載せたいと思います。

アートアイデア 〜marble painting マーブルペインティング〜

Standard

9月にショートプログラムで行ったアートのご紹介。

20140103-163143.jpg

とってもシンプルで材料費も全然かからないのにとってもbeautiful な仕上がりになるというオススメのアートです。

箱(サイズはなんでも、でも奥行きあるのがベスト) に画用紙をひき、ペイントをドロップします。色はそれぞれこどもが好きな色で。
ビー玉(marble) をゴロゴロはこの中で転がすだけです。
このアクティビティ、3〜11歳までの生徒へ行いましたが、みんな大絶賛!笑

実際カナダのデイケアでは乳幼児対象に私がこのマーブルペインティングをやった時はビー玉がチョーキングハザードだったので、木?ワラで?できたまるいボールを使って、蓋がついたコンテイナーにボール、ペイント、紙を入れて、シャカシャカふって、アートしました。

20140103-164232.jpg
これなら小さいお子様でも安心かつ楽しくアートできますね^_^

20140104-094051.jpg

プリスクール アクティビティ ひも通し

Standard

20121209-125330.jpg

今回はデイケアで行ったアクティビティの紹介です。
テーブルアクティビティで指の発達にもいい、レーシング(ひもとおし)。

作り方は簡単です。画用紙を好きな形にきりラミネート。そしてホールパンチで穴を適度にあける。
普通の大きさだと小さくて子供は紐を通しにくいので、ダブルにあけてあげても良いかもです。
ひものさきっちょに綿棒をつけとくと更に、簡単に子供達は紐を通すことが出来ます。
また、数字を書いとくと、子供達もフォローしやすいですね。これは実際やってみて子供達にもわかりやすかった見たいです。

20121209-125919.jpg

私の教え子がカナダにプチ留学にきました!

Standard

20120604-172136.jpg
グリーンヒルに通っていた3姉妹とママが2週間バンクーバー留学の来ました。
半年ぶりの再会、「ミス ナツミー」って 覚えていてくれてホッとしました。
3姉妹は1週間、地元のデイケアに行きました。
私も初日にお邪魔して少し様子を見させて頂きました。

20120604-172914.jpg
私が感動したのは、リントという豆を砂の代わりに入れた室内砂場。元大工のオーナーが自作で作られたという砂場台。 ふたをすると、カナダらしく、ホッキーができるという(^^)

20120604-173219.jpg
他にも、本物のスーツケースの中に服や布が入っており子供達はドラマティックプレイなどができるなど楽しさ満載でした。

20120604-173518.jpg

20120604-173543.jpg
ママも1週間学校にかよい素敵な体験ができたといってました。
もっともっと子供達にカナダの来てもらい、色々なカルチャーや英語環境に触れさせたいですね!

20120604-173756.jpg