Monthly Archives: December 2013

イマジネイティブ・クリエイティブ プロジェクト 〜natural material observation〜 葉っぱの観察

Standard

20131230-131348.jpg
ESPクラスで行ったプロジェクトです。
公園に行き、彼らが好きなものをピックアップしていきます。
それをクリアなボールにいれ、水を入れます。
それを元に何が見えて、どんなことが中で起こってるか観察していきます。

20131230-131854.jpg

20131230-131909.jpg

20131230-131926.jpg

ぐちゃぐちゃーって書いてる子がいて、なんでそう書いてるの?と聞いたら、「because leaf is spinning around 」と言っていました。おーなるほど、色々見方ってあるなぁと改めて感心しちゃいました。

Advertisements

イマジネイティブ・クリエイティブ プロジェクト ~House/ハウス~ Imaginative and Creative Project

Standard

今回はグリーンヒルのブリッジクラスで行ったプロジェクトのご紹介。

このプロジェクトは今年の9月に行ったもので、私が帰国し、最初に実践したプロジェクトベースのものです。

ブリッジクラスはESPクラスへ入るための準備クラスで、ディスカッションや自分のクリエイトしたものをプレゼンテーションしてくことが多いESPクラス。このブリッジクラスでは1か月かけて1つのトピックを深く学び、それをもとに一人一人が自分でそのトピックを描く、人前で自分の創り上げたものをスピーチしていくということをやっていきます。

最初の週はブロックやLEGOを使い、「House」について何か考えていく、Houseってどんなもの?何がある?というものを子どもたちと考えていきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERAその次の週には、「Dream House」をみんなで描きました。どんなHouseに住みたいか、どうしてそれを描くのか。こどもたちはそれぞれスケッチをしはじめ、その後ペイントした後に、自分の描いたHouseをみんなの前でプレゼンテーションをしました。勿論、聞いている子どもたちも必ず一つはその絵について質問をします。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

次の週はクレイ(紙粘土)を使って3DHouseを作りました。クレイもコーンスターチとホワイトグルー(ボンド)を混ぜてスクラッチから作りました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

またこれもどんなものを作ったか、それぞれプレゼンテーションをします。

DSC094544週目はクッキング♪ 前の週にどんな材料でHouseを作りたいか、子どもたちに聞いて、その材料をもとに子どもたちはそれぞれのHouseを作り始めました。勿論、終わった後はプレゼンテーション。その後みんなで自分の家を食べました(笑)

DSC09463

 

最後の週は、ライティングも強化ということで、トピックを題材にした絵本作り。「House」のことをよく知り自分の描いたHouseを4週にもわたって知っていったので、子どもたちはスラスラ~っとかいていっていました^^

1ブリッジeditこの後から、ブリッジクラスではこのようなスタイルで授業を行っています。まだまだ、手探りですが、一つ印象に残ったこどもの発言。

11月から新しく入ってきた小学校4年生の生徒。11月は「What is fall?」が題材で授業を行いました。「What is fall?」の私の問いかけに、他の子どもたちは「Change color of leaves」「Acorn」「Getting colder」など意見が出ました。その小学生4年生の生徒は「そーいうこと考えたことがないから分からない」と一言。 その後、秋を描くというスケッチも、他の小学低学年がさーっと描くなか、その子はどんなことが秋なのかずっと考えていたのを覚えています。その時に思ったことが、今まで9月からやっていたことたちは、このスタイルにも慣れたというものありますが、想像する、一つ一つ深く考えるということに焦点を置くことができるようになっていたんだと実感しました。私は英語の先生でもありますが、幼児教育の先生でもあります。子どもたちが、自ら物事を考え創造していく、発見していく、それを発話していく。 そういった事が自発的にどんどんできるようになっていく、そういった狙いもこの授業のスタイルの特徴でもあるかなと思います。

 

 

 

20131230-131048.jpg

Hands on learning ~learning alphabet~ アルファベットを石で書こう

Standard

20131228-181450.jpg

ハンズオンラーニング(経験学習) 私の好きな言葉の一つで、子供達が目で見て触れて、感じで学ぶ学習の事で、この石でアルファベットを書くとは、鉛筆でアルファベットをなぞったりかいたりとは一味違う体験ができます。

私はこのアクティビティを、小学生のクラスで行ってますが、ヤンガーキッズにも行えますし、方法ややり方は先生次第で自由に広げやすいアクティビティです。

20131228-181937.jpg

子供達は、石でアルファベットを作るのが楽しいみたいで、毎回やるごとに、工夫して小さく作って見たり「h」の長さを調節したりして冒険しています。

20131228-182205.jpg

シェービングフォーム アート アイデアその2 shaving cream art idea part 2

Standard

以前にもシェービングフォームのブログを書きましたが、今回はたったいま、今日グリーンヒル ウィンタースクールで行ったシェービングフォームのアートご紹介です。
すっごく簡単で、プリスクールエイジから小学生まで楽しめちゃいます!

20131226-200132.jpg
まず平らなプレートやトレイにシェービングフォームをシュシューっとかけ、ペイントを上からディップします。
私はペイントを違うケッチャップ入れみたいなスクイーズができる容器に少量入れ、後は水で薄めました。それでも全然綺麗に濃く出てきます。ちょっとしたところで節約(笑)

20131226-200526.jpg
指でマーブルを作るように混ぜます。

20131226-200621.jpg
その後紙をうえから押さえつけて離すと、鮮やかな絵が描かれているでしょう!

20131226-200733.jpg

ウクレレで弾く英語の子どもの曲 ~Day-O Good Bye Song~

Standard

 

今日ご紹介の曲はバナナボードの曲の「Day-O」の替え歌バージョンでのGood Bye Songです。

この曲は元々、Youtubeでグッバイソングを探していた時に、替え歌バージョンで歌っていたものが気に入り、スクールで最後に歌う曲に加えました。個人的にサウンドが好きで、ノリノリでクラスでは歌っています笑

子どもの名前も入れながら歌うので、子どもも呼ばれると嬉しそうです^^

イマジネティブ&クリエイティブ アートプロジェクト Imaginative and Creative art project

Standard

esp2

グリーンヒルではESPクラスという英語上級者クラスがあります。* www.ghis.jp 参照ESPクラス

主に生徒は帰国子女のお子様や小学校からのインターナショナルスクールへ通うお子様もいますが、小さい頃から本校に通い、コツコツと頑張ってきた子たちばかりです。

このクラスは勿論英語上級者クラスなので、子どもたちも英語でしかしゃべりません。これつくづくすごいな~と実感します。こどもの吸収力で本当すごいです。

さて、このクラスではタイトルの通り、授業はプロジェクトベース、子どもたちが考え、クリエイティブ、イマジネーションをしていって授業が展開されるので私は本当脇役でしかありません。

例えば、この上の写真、植物と、絵が描かれた用紙が写っていますが、このプロジェクトの題材は「Perfume of plants」です。

私がこのプラントを机の真ん中に置き、植物ってどんな匂いかな?の問いかけから始まります。子どもたちは植物に鼻を近づけ、匂いを嗅ぎます。

「Smells like peach」「Smells like dirt」 「Stinky」 など色々意見がでました。 土っぽい匂いの表現を英語で「Earthly」という新しい英語の語彙も入れてきます。

その後、それぞれ、匂いから、「匂いって見えるのかな?」という問いかけをします。すると子どもたちはそれぞれ考え始めました。

「No color」 「 I dont think we can see smell」などの答えが返ってきました。じゃあ「匂いを絵であらわすときってどーうやって表現すればいいかな?」とまた問いかけました。

みんなそれぞれ、プラントをスケッチし始め、一人の子はプラントからピンクのニョロニョロするラインを描いてピンク色に縫っていました。なんでピンクにぬっているか聞くと、ピーちの匂いがするから匂いはピンク色なんではないかと。いう意見。

また一人の子はブルー色でまるくぬったものをプラントからだしていました。 聞くと、「Smells like earthy that’s why color is blue!」と地球をかいているようでした。

私のこのスタイルが好きなのは子供にそれぞれ自由に想像させたり、ものごとについて深く考えていくこと。普段考えないこと、通り過ぎてしまうような事、それらを一つ立ち止まって考えてみよう。 それが結局、子どもたちに色々な事を吸収させるとともに語学習得に深く結びついていると私は思うんです。

この後、子どもたちにそれぞれどんな匂いだったかなんでそう思うのかプレゼンテーションをしていきます。

人前で自分の意見を言うという一つのスキルもこのスタイルに取り入れています。

実はこれ、実際、レッジョエミリア市にいってレッジョチルドレンが主催するスタディグループで、一人のアトリエスタが発表したPerfume of girlからヒントを得て実践したもので、この素晴らしいアトリエスタと子どもたちが実際やったものには到底近づけませんが、私の中では、このスタイルを実践していく先生としての第一歩だったなかなと思っています。

esp3

外に出て、スケッチさせたり、ものごとの観察力など、語学を吸収するには色々な方法はありますよね。でも私は語学だけではなく、人に言われたことだけをこなすのではなく、自分で考え追及していくという力を子どもたちに教えていきたいなと思う今日この頃です(笑) ←終わり方変ですね笑

Felt Board Story Idea フエルトストーリーアイデア ~Little mouse where are you?~

Standard

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

フエルトボードストーリーのご紹介。

Little mouse where are you?

このストーリーは色々代用がきくので、すごく活用しています。 

単純に、ねずみが果物の後ろに隠したのをこどもたちが探すゲーム感覚。ものの名前も覚えられるし、いいですよ。

トピックの内容によって隠れさせるものを変えれば、色々新しいストーリーができます。例えば、果物の代わりに乗り物とか、動物とかにする。

サークルタイムのメインストーリーとして教えてもよし、トランジットタイムのときに使ってもよし、用途は先生たちにお任せです♪

 

20131222-153807.jpg

20140105-113158.jpg

アート・クラフトアイデア ~sewing a stocking~ クリスマスストッキングを針と糸を使って縫おう! Art/Craft Idea

Standard

今回ご紹介するのは、わが校のショートプログラムで行ったアート作品。

クリスマスのストッキング作り♪

Kinderクラス(2~6歳)ではストッキングの形をした紙に穴開けパンチであらかじめ、サイドにあなをあけ、毛糸に綿棒(Q-tip)をつけ穴にこどもたちがSewingしていくもの。

IMG_2221

 

ESクラス(7~11歳)は実際の針を使い、フエルト生地に縫っていくものです。

IMG_2219

 

最初、本物の針をみた瞬間、こどもたちは「こわ~い」「やったことない~」「できない~」とかいっていたのですが、やり始めたら、男女共にはまり、「結構楽しい」といって縫っていましたた(笑)

勿論、私があらかじめストッキングの上に油性ペンでラインを書き、子どもたちがそこに沿って縫えるようにしたりとしました。

翌週はみんなでフエルトの切れ端で好きな形をきってデコレーションをしました。

やればできる(笑)そんな思いを知って、学んでもらえたらなという思いもこのアートに込めました。

20131222-153421.jpg

20131222-153439.jpg

アートアイデア ~Felting Christmas Tree~ フェルティングでクリスマスツリーを作ろう!

Standard

今回のアートアイデアは Bridgeクラスで行ったクリスマスツリーアートのアイデアです。

まず1週目は紙でコーンの形にし、それにサランラップを巻いたものに、のりをつけた毛糸を巻きつけます。

ここで大変なのが、毛糸をたくさん巻いた方が後後、コーンを抜いたときに、自力で立つので沢山巻くのがポイント。特に下の方は何重にも層にした方がいいです。 終わった後はのりとお水を混ぜたのをスプレーボトルにいれて、上から吹きかけるとさらに固まりが確実になります。

IMG_2239

 

次の週は、ウール100%で作るフェルティングデコレーション。これをクリスマスツリーに飾ります。

IMG_2225お湯と石鹸を混ぜた、ボールにウールを巻き、ディップします。それでただおだんごのようにコロコロ手で転がすだけ。

ニードルフェルティング用で100均なので売っているウールを使いました。ふわふわの毛が固まるなんてうそみたい~と子どもたちは作りながら感動していました。男の子も女の子も楽しく黙々と作っていました笑 私の恩師でもありお友達でもあるとても素敵なEarly Childhood Eduvatorにフェルティングのすばらしさを教わりました。ニードルフェルティングは日本で結構流行っていますが、私はウェットフェルティングが大好きなんです。安全で簡単なので^^

IMG_2226出来上がりはこんな感じ

IMG_2235色々な色とも混ざられいい感じ♪

次の週はいよいよコーンをとり、デコレーションをする!

いや~このコーンをとるのが大変でした。びっしりくっついてるので。。。なんでとるの?とお思いでしょう^^

実は、とって、空洞になった中に小さなライトをいれて、クリスマスツリーイルミネーション♪ の予定です.

IMG_2238みんな世界に1つのオリジナルクリスマスツリー!できました!!

ちなみにこのアートを行ったこどもたちの年齢は4~8歳です。

みなさんもぜひ!

 

 

 

 

 

編み物をクラスでやりました。

Standard

最近編み物にハマっている私であります。
帽子からヘッドバンド色々作ってます(マジ下手ですが)。
カナダのデイケアなどではよく先生がピアスをその週のイベントにからめたものをよくしてるのを見かけました。
例えば、ハロウィンの時はパンプキンピアスとかイースターだとウサギのピアスなど。
とても良いアイデアだなと思っていたのですが、私はピアスしていないのでできないな〜と。。
編み物を始めたのはヘッドバンドにそーいうものを付ければいいんだ!と思ったのが始まりだったと思います笑

20131217-090553.jpg
こんな感じ ↑

町では変なお姉さんですが(まだお姉さんでいたい笑)、学校では人気です笑

そんなかんなで、こども達も編み物に興味津々!下はプリスクールエイジ上は小学5年生まで教えました。

20131217-090833.jpg

編み物は人に教えるのが難しいです。。。しかも私も素人なので更に。。
子供たちは苦戦しながらも、自分の思うように自由に編んでみてました。

私は学生のころ家庭科が大の苦手教科だったのに今こうして編み物教えてる、自分で好きでやってる。私って何でも興味持ち始めるの遅すぎ笑
もうちょっと早かったら、家庭科も評価良かったかも笑