イタリア レッジョエミリア レッジョチルドレン プロフェッショナルディベロプメントパート2

Standard

引き続き、パート2

水曜日は朝から、3-6歳のプリスクールを見学しにいきました。

朝だったのもあり、子供達、バンビー二達がいました~^^ 可愛かった~チャオ~って><

Image

最初はアトリエでアトリエスタとの対談。アトリエは窓から明るい光が差してくる間取りで、棚もちゃんとつつぬけでどちらかでもとれるようにというよりは、ガラス瓶に入っているカラフルなクレヨンやペンの間から光が差し込んでくるようにという感じがしました。これどこのクラスでもそうでした。ガラス瓶に全て入れる!これReggioでは基本!みたいです。絵の具も、ジャムとか入ってた瓶を再利用したみたいな感じでこどもたちの手の届くところにおいてあり、こどもたちも自由にペイントしていました。私は、平らなプレートに絵の具をいつもいれていて、あまってしまうと、「あ”-」となっていたのですが、こんなシンプルなことにも気づかず、瓶のふた閉めればまた使えるよね~!と。。。^^; ミックスしてしまうといつも思いがちでしたが、子供達はしっかり色分けしていました。ちゃんとした大きい絵の具のストックはあるとしても、小瓶に毎回少量入れて置けばまんがいちミックスしたとしてもそこまでもったいないというということもないですしね。。。絵の具は色々な色がありましたが、バイオカラーをがよくありました。

こどもとももっとしゃべりたい~と思いましたが、イタリア語で全然話しかけられず。。。。通訳の人になんていってるか色々聞いてもらいました。 本当カナダでは、色々な先生が「カナダとイタリアでは法律が違うからできることとできないことがある」というのをよく聞きました。 お庭へいくドアも全開で、外で自由に遊ぶ子や、イーゼルでお絵かきしてるこや、ふと外に出てみると、女の子がポツンとペイントしている。。。お「お~自由だな~」この信頼関係すごいと思ってしまった。屋根裏みたいな場所で子ども二人でポツンと遊んでいる。先生のスーパーバイズない~!と思いましたが、こどもたちもなんともピースフルに遊んでる。旦那さんとも話してたのですが、そーいえば、喧嘩とかそーいう状況みないねって。子供達、本当幸せそうに遊んでいるんです。走り回って、ごっこ遊びみたいなのをしている子達がいないな~と(イタリア語だったのでもしかしたらしてたかもですが)。みんなそれぞれ何かのアクティビティに取り組んでいるんですよね。桜の木を書いている子、ハンガーでロボット作っている子、丸太で山を作っている子。花に水をあげている子や。やはり先生達は、ドキュメンテーションを書いている姿見受けられましたね。「おぉ~書いている」と思って。やはりクラスのいたるところにドキュメンテーションが貼られていました。後、気づいたのは、3歳クラスはまだプラスティック系のおもちゃがありましたが、5,6歳のクラスは全くなかったですね。やはりおアートをやるテーブルがいたるところにあったのと、シャドーやライトテーブルを使って、積み木を積み立てていたりという光景をよく見ました。

次回はREMIDAのお話をします^^(いろいろな材料が置いてあるお店?です)

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s