Social Studies アイデア~Have you filled your bucket today?~

Standard

今回のモジュールは「Science, Math and Social studies」という3-5歳のグループでのサイエンス、算数、社会化がいかに大事かということ、そしてそのアクティビティのアイデアを学びました。

課題でもそれぞれ、アクティビティを考え発表するといことで、

今回はその中のSocial studiesで私が発表したアクティビティをご紹介します。

「Have you filled my bucket today?」の本を使い、子供達に思いやりや周りのことを考えるということを教えました。

この本は元々、6-8歳用に作られた本なのですが、どうしてもこのコンセプトを使いたくて、色々リサーチしていたらプリスクールの年齢でも教えていることがわかり、私もシンプルなコンセプトにしようとアクティビティを考えました。

本の内容は、みんな透明なバケツを持っていて、Happyな気分だとバケツの中はFullで悲しい気持ちだとバケツの中はEmptyというお話。

また、自分が誰かに優しくしたりすると、互いのバケツが一杯になるということも。

このコンセプトをどうやってシンプルにするかなと考えました。

まずこの年齢は「目で見るもの」が絶対なので、バケツを実際用意し、どんなことをしたらバケツが一杯になるかというのを絵でかかれたカードを用意し、バケツにいれるものはポンポンを使いました。

バケツは園芸用品売り場で買いましたが、折り紙でもバケツはつくれますし、入れ物だったらなんでもいいかなと思います。子供達にデコレートさせて、お教室に貼り付けておいて、こどもたちがお片づけをしたりおもちゃをシェアしたときには、そこにポンポンを入れることが出来ますよね^^

この「Bucket Filler」系の絵本は最近たくさん出版されています。

How Full Is Your Bucket? For Kids

先月来ていたうちの5,8,9歳の生徒にも読みましたが、しっかり理解して聞いてくれていました。小学生にも使える絵本なので、一つは欲しいですよね。

Fill a Bucket: A Guide to Daily Happiness for the Young Child

関係リンク、下記に載せておきます。色々なバケツアクティビティが乗っています。

http://myfunteacher.com/bucketfillers.htm

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s