Monthly Archives: April 2012

英語の絵本 “How about a hug?”

Standard

今日は英語絵本 “How about a hug?”をご紹介します。

20120430-143526.jpg
基本的には、HUGについてのお話しなのですが、どんな時にHUGするの~?という問いかけに、ママやパパ、家族とHUGするよ~とまさにHUGは愛情表現の一つと海外っぽい内容ですねo(^▽^)o

20120430-150700.jpg
家族のテーマのときや母の日、父の日、敬老の日にも使える絵本かなーっと私は思います(^-^)/

20120430-151136.jpg
このシリーズの「I LIKE ME!!」も良いお話しです。

Advertisements

英語でキッズヨガ~メインプラクティス編~

Standard

前回のブログでは英語でキッズヨガのウォーミングアップ編まで書きました。

今回はメインポーズ編をご紹介致します。

こどもと一緒にヨガをするということで、ただポーズを淡々とやるわけではつまらないので、いつもテーマを決めて行うことに決めました。

今回のテーマは「ジャングル」です。子供達にはジャングルにいるイメージをしてもらいます。

まず最初のポーズは「Tree(木)」です。

YouTubeで見つけた「Sing song for Yoga」というビデオが大分気に入り、その中の一つのポーズを使うことにしました。ビデオはこれ↓

次に、ジャングルの中を歩いていくと、きれいな花が見えてきたという説明をしこどもたちにイメージをしてもらいながら「Flower(花)」のポーズをします。

ここで、癒し系の音楽をかけます(笑)私が使ったのはこれ↓

次にジャングルを奥深く歩くと、「Giraffe(きりん)」が見えてきました~!ときりんのポーズ。

 

 

 

 

次は、「Hummm?We can see a cow and a cat in the jungle??!(あれ?ジャングルなのに牛と猫がいる~!)」と少しユーモアをまじえて、牛と猫のポーズ。「Moo」「Meow」といいながらポーズをしました^^

 

 

「Oh no! we can see a dangerous creature! they sound Hisssss! What is it?(危険な生き物がいるよ!彼らはヒスゥゥゥゥー!って鳴くよ!なんだろう?)」

子供達は「Snake!!!(ヘビ)」と答えて次はヘビのポーズ。ちょっと難しいかったけど、みんな頑張りました!

最後はジャングルの中でねこっろがってみようということで、マットに寝そべって、目をつぶってジャングルの中にいるイメージをしてみました。その際も呼吸を意識するように促し、お腹に手をあててみて子供達も実際呼吸を確認しながらやってくれました。これは運動したあとにリラックスをし、精神を落ち着かせるという意味で毎回ポーズのあとは床にねっころがります~^^その際、癒しの音楽がなっているので、川の音や小鳥のさえずりなんかも聞こえて、私もリラックス♪

終わったら、もう一度座り、「Thank you」、そして子供達に水を飲むように促します。お腹からポカポカし、私自身とても良い運動になりました(笑)水分補給は大事なので、ヨガの途中でも水分をとったり休憩もこまめにいれることも大事です。

キッズヨガ~ウォーミングアップ編~

Standard

カナダに来る前に、私のスクールで、子供達に英語でヨガをほんのちょこっと教えていました。

30分の短い時間ですが3歳~7歳までの子供達と一緒にヨガをしました。

初めてヨガをやる子供達ばかりでしたが、とても楽しんでくれていました。3歳の子は途中で飽きちゃうかな?ポーズに挑戦してくれるかな?なんて心配していましたが、ちゃんと30分しっかり集中して行うことができました!感動!

どんな流れでヨガを行ったかというと。。。

最初にヨガを行うにあたってのお約束を説明しました。

1.Keep breathing(息を止めないこと)

ヨガをするにあたって’呼吸をする’というのがとても重要になります。よくポーズをしている際にそっちに気がいってしまい息を止めてしまうことが多々ありますが、ポーズをしている間は呼吸をし体に酸素を与えて身体の中の臓器に働きをかけます。子供達にはペアになってもらい、ひとりが寝そべってもらい、お腹になんでもいいので(私はソフトブロックを置きました)のせて、呼吸をしてもらいます。子供達は眼で見て、お腹が膨らんだりへこんだりするのを確認して「呼吸をする」ということに意識を持ってもらいます。

2.If you feel hurt, stop doing and stay on the mat(身体が痛かったら無理をしないこと)

ヨガのポーズで疲れたり、足を開いたときに痛かったらりしたら無理をしないことを説明します。ただ、ポーズをしないときに動きまわったりすると他のお友達とぶつかる可能性もあるので、マットの上に座ってるようにお願いします。

3. Have fun!(楽しむこと)

ヨガは個人個人の身体の具合に合わせてポーズを行うで競争でもなんでもなく、自分らしく楽しく行うことを教えることも大事なのです^^

このお約束の説明が終わったら、早速ヨガのウォーミングアップ開始。

ヨガの音楽に合わせて身体をゆっくり動かします。私が使うミュージックはこれ→

「Rub your hands」という曲を使いました。

その後は、Rocking rollingという体育座りをし手でひざ下を押さえて「ごろん」と後ろに倒れ起き上がるという動作を繰り返します。参考映像↓

その後は「Yoga Clock」というさきほど使ったミュージックCDに入っている曲の一つです。これは子供に大人気でした。

ちょっと長くなってしまったので、ウォーミングアップが終わったあとのYogaメニューは次のブログで書き足します。

Who took the cookie from the cookie jar? フエルトストーリー(flannel story)

Standard

20120428-101854.jpg

今回のフエルトストーリーはCookie jarに関するストーリーです。
やり方は自由に使えたらと思って、カウントが出来たり、クッキーショップゲームをしたり、他の動物を混ぜて、お話を作ったりもできるかなとo(^▽^)o
「who took the cookie from the cookie jar 」という歌のゲームも子供達には人気の歌です。
YouTube でとても良いゲームの見本があったので載せました。どこか日本の英語教室で使っているビデオですね。

参考までにどうぞ( ´ ▽ ` )ノ
算数教材にも使えるので、サークルタイムなどで数のお勉強などをするときにも使えそうですね。

歯の健康について(health about teeth) フエルトストーリー(flannel story)

Standard

歯の健康についてを子供たちに教えるためのフエルトストーリーを作りました。
白い歯や健康を保つためには野菜や歯にいいものを食べようと、野菜とミルクを例として作りました。
これに限らずもっと皆さんの思うように、食べ物は作っていっていただければとo(^▽^)o
グレーの色の歯は甘いものばかり食べてると、虫歯ができちゃうよ~というものです。
歯磨きの大事さも一緒に教えてもいいと思います( ´ ▽ ` )ノ
動画はそれを教えています⬇
色々皆さんの思うように教えるのが1番だとおもいます。

この歯磨きの歌もすごく良かったです!

子供達の歯の健康を楽しく教えて行きたいですね。

20120426-213638.jpg

フエルトストーリー(flannel story) slippery fish

Standard

今回は海の生き物に関するフエルトストーリーです。

20120425-172125.jpg

また私の絵心ないフエルト作品ですが(笑)
歌の参考はした⬇です。

歌詞
Slippery Fish Lyrics
Slippery fish, slippery fish, sliding through the water,
Slippery fish, slippery fish, Gulp, Gulp, Gulp!
Oh, no! It’s been eaten by an…
Octopus, octopus, squiggling in the water
Octopus, octopus, Gulp, Gulp, Gulp!
Oh, no! It’s been eaten by a…
Tuna fish, tuna fish, flashing in the water,
Tuna fish, tuna fish, Gulp, Gulp, Gulp!
Oh, no! It’s been eaten by a…
Great white shark, great white shark, lurking in the water,
Great white shark, great white shark, Gulp, Gulp, Gulp!
Oh, no! It’s been eaten by a…
Humongous whale, humongous whale, spouting in the water,
Humongous whale, humongous whale,
Gulp! … Gulp! … Gulp! … BURP!
Pardon me!

フエルトストーリー(flannel story)~Earthquake(地震について)のお話

Standard

前のFifhth diseaseのブログでもさらっと書きましたが、明日、私の学校で、グループで行う課題2(安全についてのサークルタイム)の発表です。

私のことをよく知っている方々は私の絵心のなさを十分承知だと思いますが、今回わたしはフエルトストーリーで地震のことを説明します^^

自作で作ったお話と登場人物。写真にもあるように、男の子、テーブル、棚、窓とあります。赤くぎざぎざになっているのは、危険という意味のマークです(笑)

男のこは、最初髪の毛を黒のフエルトで作っていたときに、ギザギザな方が前髪になるはずだったのですが、どーもはまらなく上下逆にしてみたら、こういうスポーツガリの男の子いるな~と思ってこのまま貼り付けました(笑) 私の中では男の子ですが、ちびまるこちゃんに出てくる「みどりちゃん」というキャラクターにそっくりだなと思っています(笑)

大事なのは、こどもたちに地震の怖さと安全を学んでもらうことなので多少の正確さはいらない!と自分を説得しました(笑)(いつものことですが)

地震をまったく知らないカナダ人のこどもたちにどう教えようかな~と考えました。まずは、かならず机の下や何かの下にいって身を守ることだなと。

日本の学校では小さい頃から何回も訓練してるので、とっさに「机の下!」と思いつきますよね。去年の3月11日のときも、とっさに子供達には机の下へ隠れさせました。後で外国人の先生に、「机の下に隠れるなんて思いもしなかった」と言われました。学生の頃の避難訓練はめんどくさかったけど、こーして役に立つとは夢にも思わなかったですね。

さてフエルトストーリーで机の下に隠れることを教えたあと、歌でもう一度アクションを取り入れながら歌います。

You tubeで歌を見つけました。↓

また、私のグループのメンバーの一人は地震の本を読みます。

これがなかなかくせ者だったみたいで、どこの図書館にも子供用(3-5歳)の地震の絵本が少なく、やっと見つけたのがこれ↓

Earthquake! (Ready-to-Read. Level 1)

多少、中身が難しいところもありますが、分かりやすく構成されています。

明日は発表なので頑張ります~^^

うちのグリーンヒルスクールでも避難訓練の前に取り入れてもいいかも~と思いました。絵だとビジュアル的に子供達も分かりやすいなと^^

 

英語の絵本 ~Mother’s day(母の日)

Image

商品の詳細525円(Amazon.co.jp)

http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Denglish-books&field-keywords=What+is+mother%27s+day%3F&x=17&y=24

この絵本(シリーズ)はお値段が手ごろで英語も分かりやすく短い文なので、英語初心者ママにもお勧めな本です。

中にはポップアップページ(飛び出し絵本)タイプなので子供だけでも十分楽しめる絵本だと思います。

他にもバレンタインデーシリーズもあります。うちのスクールでも活用しています^^ 本は子供達にはたくさん読ませたいので、安い価格だとすぐ目がいってしまいます(笑)

内容がシンプルなので、英語でも「母の日って何?」と分かりやすく説明されています。

5月に母の日があるので、そのプレリーディングとしてお勧めです^^

Flannel Story(フエルトストーリー)~I can sing a rainbow.

Standard

デイケアやプリスクール、こども英語教室などで使える歌をご紹介します。

今回は 「I can sing a rainbow」のフエルトストーリーのご紹介です。

私はよくYou tubeで子供用の歌をチェックするのですが、いつもMs.Tracyの動画を参考にしています^^

色々な歌や、フエルトのストーリーを紹介してくれているので、その中のひとつをフエルトで作ってみました。

とても落ち着きがあり静かなメロディなので、サークルタイムでのトランジットのときに使えたり、この曲の後はいつも絵本タイムやお昼寝タイムだったりと、ルーティン用にも使えますね^^プラス色の名前も学べます。

レインボーのフエルトは一枚一枚離れているので

色の歌に合わせて歌いながら、一枚ずつフエルトを重ねてレインボーを作ります。

歌詞

Red and yellow and pink and green, purple and orange and green

I can sing a rainbow, sing a rainbow, sing a rainbow too.

 

Fifth Disease(りんご病)

Standard

今週から「Health and Nutrition]のコースが始まりました。

名前の通り、デイケアやプリスクールで働くにあたって子供の健康や栄養の知識を学ぶコースです。

今回のコースの課題は

1.Common disease(こどものころによく発祥する病気、伝染病)

を、クラスメイトがその中からひとつ選び、リサーチしプレゼンテーションをします。 私は「Fifth disease(りんご病)」です。

2.Safety circle time(安全についてのサークルタイム)

これはグループで協力して行う課題で、私たちのグループは「地震」についてです。なぜなら、私が日本出身だから~笑 他の二人はカナダ人で地震についての知識ゼロ。先生が「なつみがいるグループは地震で」って勝手に決められました笑 このサークルについてはまた改めてアップします。

3.Nutrition plan(スナック、ランチの1週間の献立作り)

各自で、1週間分のスナック、ランチのメニューの献立作りです。カナダ政府で出されているフードグループのカテゴリーに合わせて作ります。これは、5年も日本でやってきたので、ある程度自信ありますが、カナダの子が食べるものって指定があったんです。。。。じゃあ豆腐はだめか(笑)

さて前置きが長くなりましたが、今回はFifith diesaseについて書きたいと思います。

私も小学生の頃になって、大して熱も出ないし基本元気なので家で文句も言われず1日中、ゲームしてた記憶があります。またなりたいとひそかに思っていました笑

日本では「りんご病」と言われていますが、そもそもなぜ、英語ではFifth?というのでしょうか?

調べたところ、当時、この病気が発見されたとき、赤みがでる発疹がでる病気(はしか、ドイツはしか,猩紅熱,あとひとつはよく知られてない発疹がでる病気)の次にカウントされたことから5番目なのでFifith diseaseと呼ばれているそうです。でも4番目の病気がよく知られてないことから、今日ではお医者さんの中ではFourth Diseaseとも言われるらしいです。。。

この病気は、Parvovirus B19といわれる病原菌が原因で引き起こします。

この菌は人間同士でしか移らないそうらしいです。この菌は何種類か種類がありCanine parvovirus菌は犬科の動物だけに繁殖し、猫など他の科の動物には移らないそうです。へぇ~~って、何かと調べると色々面白いなぁと。

感染原因は、菌を持ってる人がくしゃみをしたり咳をしたりなどで移る空気感染や菌がついたテーブルを触ったりなどによる接触による感染だそうです。

大体感染すると、1週間、長くて20日ほど症状はでず、症状が出始めた頃(ほっぺの赤みや身体の湿疹、微熱や身体のだるさ)には、感染力はないそうです。なので、あ~りんご病だ~赤いね~ほっぺなんていってる頃にはもう菌は広がっているっていうことですね。

よく、水疱瘡やはしかなどは大人になってからかかると大変だといいますが、このりんご病もそうです。特に妊婦は血液を通って胎児に移ってしまうので要注意です。

ただ、リサーチによると、菌をもっていても発祥しないケースや妊婦がなっても胎児に移っていなかったケースもあったそうです。

決まった薬もまだなく、なってしまったら家でゆっくり休むのが一番だそうです。

またストレスや、体調不良などで再びりんご病になってしまうこともあるそうです。

http://en.wikipedia.org/wiki/Canine_parvovirus

http://www.kodomo-iin.com/HL/HL220.html

↑ 参考リンクを載せときました。私の記事はさ~っとかいてあるだけなので、詳しくはいろんなサイトを参考されるとよいと思います(1番はお医者さんですが^^)

月曜日プレゼンテーションなので、かんぺ作りに励みます^^