Observation at Family Daycare(Montessori)

Standard

今週と来週はObservation and Recording Applicationというモジュール。

クラスメイトとペアになって、デイケアにいき、オブザベーションをし、Reggio Emilia Approachを基準に子供達の興味を探し出し、それをベースにトピックを決め、アクティビティを1つ考え、来週の水曜にデイケアで実際に子供達と一緒にアクティビティをします。

今回は、いつもと違うところにいきました。

Port Moodyというとこにある、ファミリーデイケア。

カナダでは25人まで受け入れ可能なセンタータイプと、小規模で8人までの家などで保育をするファミリーデイケアタイプがあります。

Montessoriの主体とした保育園で、私はまだMontessoriのスクールを見学したことなかったのでわくわくしながら行きました。

一件普通のお家で本当通り過ぎてしまったのですが、よく見ると窓ガラスのところに名前が。。。

中はすっきり整頓されていて、子供たちは、小さなブロックルームにいました。

子供達は全員白人で、元気よく遊んでいました。

1日目はある程度オブザベーションが終わったら、Leightenという男のがサッカー好きで、もう子供とあそんじゃえとボールでサッカーをして遊びました。

私の名前を教えたら、最初は言えなかったのですが、頑張って言ってくれました。感動。

次の日には忘れるだろうと、2日目いって、「Do you remember my name?(私の名前覚えてる?)」と聞いたら、Leightenが「I know! Na-tsumi!」と若干Naの発音があがっててまさにハートメルティングでした☆

子供達といると本当に癒される。しかも遊ぶのがすっごく楽しい!私自体、こどもだから?(笑)

Leightenは私とすごく遊びたかったみたいで、でも私もObserveしてノートを取らないといけなかったので、あまり遊べないまま片付け時間になっていたのでふてくされていました。。。

でも帰るときにはHugしてくれて、次は水曜日にくるよ~って伝えて帰りました。

ファミリーデイケアは子供達も少ないし、やはりアットフォームな感じでよかったです。Montessoriの話に触れていなかったのでここで少し。

Montessoriの時間になり、子供達はテーブルに座って、先生が鳥の絵が描いてあるブックレットを見せます。それぞれのページにはまったく同じ絵が描いてあるのですが、パートごとに色が塗られています。それを彼らはまねをして一度に全部いろを塗るのではなく、例えば尻尾が塗られていたら、自分の鳥の絵の尻尾の部分だけを塗ります。大分細かな作業です。しっかり最後までやる子もいましたが、ほとんどのこはぐちゃぐちゃーって塗って遊びにいっていました^^

来週水曜はアクティビティをしにまたスクールにいきます。

すっごく楽しかったので、そして子供達とすごく楽しい時間を過ごしたので、水曜で終わるのが寂しいなぁ~と。名前もめずらしく覚えてもらったのにと。。。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s