プレゼンテーション

Standard

今日は、クラスでEarly Childhood Educationにおいて有名なPhilosopherたちをそれぞれリサーチしたのをプレゼンする日でした。

朝、学校のコンピューターでプリントアウトしようとしたら、プリンターが壊れていてできないというアクシデント。先生にいったら「明日やってもいいよ」といわれて、ほっ。

でも休憩中に、もういちど印刷をトライしたらなんと直っていた!よかった!

他のクラスメートはパワーポイントを使ったりしてのプレゼン。。。

私は古く、紙のハンドアウトでやりました。

私はJean Jacques Rousseauという前のトピックでもお話した18世紀の思想家です。

こどもの教育、発達について、「こどもたちは先生が教えなくても、周りからの経験や練習で学んでいくもの」などと唱え、のちに、Jean PiagetやMaria MontessoriやJohn Deweyなどが彼の思想を取り入れ今日の、幼児教育に影響を与えた方なんですよ~みたいな感じでプレゼンしたんですが、、、まじ自分で話して嫌気がさすほど英語やばかった。フランス人の名前とかうまく発音できないし、言葉も難しいので、みんなちゃんと分かってるのか心配でした。ってかよく、最後まで聞いてくださいましたって感じでした。

でもカナディアンの子達(ヤング)も、難しい単語の読み方とか分からなかったな~。。。

本当、もっと発音頑張ろう~。。。。

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s