Art Activity

Standard

今日はカナダからアート活動のスペシャリストがうちの学校にゲストとしてこどもたちにアートを教えに来てくれました。

最初、1歳から6歳の子までにDrawingをしました。

サンタをただ描くというもので、6歳の子ならまだしも、1歳や3歳の子に、このアクティビティが通用するのかな?と疑問を持ちつつも、アートがスタートしました。

先生がサンタの目や口などを少しずつ描いていき、子供たちがそれを真似ていくという流れでした。

びっくりしたのが、大きい子供たちは、素直に真似してかいていくのですが、丁寧にかつ自分のイメージを浮かばせ、色々なものを足していきました。いつも全然、さ~ってかいて終わりだったのにとおもい。。。太陽を描いている子は、周りにある棒(?)を全て違う色で作り上げ、綺麗な太陽をかき上げていました。

さらにびっくりしたのは、いつもお絵かきがあんまり好きそうではないというか、フリータイムのときにはあまりかかないお友達が、真剣にクレヨンをとって一生懸命かいていたのにはびっくり。先生が、クリスマスツリーの上にあるのは?ときいて、「Twinkle(星のことです)」といって自分が書いたクリスマスツリーの上にスターを描いていました。ちゃんと聞いていて、なおかつ、先生のスターを見ながら描いていたのにはびっくり。

午後のクラスでも、いつも落ち着きがない(この年では当たり前ですが)こどもが、ちゃんといすに座ってクレヨンもってお絵かきしていたのにびっくり。

やはり、みんなでアートしますよっていう環境を作って、周りのお友達も一緒に同じことをやってっていう環境がよかったのしょうか。。。

子供たちのアートを見てると癒されます^^

 

 

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / Change )

Connecting to %s